のんびり楽しむ シンプルな暮らし

のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

子供の夏休みの生活リズム。のびのび特別ルールつくります。

スポンサーリンク

おはようございます。

久しぶりに朝にのんびり書いています。朝はいいですね。窓を開けると外の風が少しひんやりしていて、とても心地いいです。

みんなが起きて来る前の、静かなひとり時間。夏休みは特に貴重な時間です^^

 

f:id:sorairohanairo:20170722065038j:plain

今朝の窓から見た景色。とてもきれいな空でした。

 

*****

 

ついに夏休みが始まりました。

子供が夏休みのお母さん、お仲間です。一緒に頑張って乗り越えましょう。

 

夏休み初日の昨日は、午前中は皮膚科に行き、午後からは祖父母とお出掛けして、夕方からは家の前でのんびり遊びました。

 

そこで私が感じたのは、夏休みは普段よりのんびり遊ばせてあげたいなということ。

そして、決まりを少しゆるくしようかなということ。

 

娘が今年の4月から小学生になり、平日は一気に忙しくなりました。

月曜日だけが4時間で、他は全て5時間。帰宅は15時半頃です。

それから急いでおやつを食べて、急いで宿題&チャレンジをして、次の日の時間割と着ていく服を準備して、その後ようやく遊べる時間になります。

 

でも、その時間は多くても1時間しかありません。今の時期は17時半にチャイムが鳴るので、外で遊んでいる時はチャイムが鳴ったらお家に帰り、急いでお風呂に入り、急いで夜ご飯を食べて、20時~20時半に就寝。

 

そんなリズムなので、なんだかいつも忙しくて。のんびりおやつを食べさせてあげたい…でも、遊ぶ時間が減っちゃう。のんびり遊ばせてあげたい…でも、その後がどんどん遅くなっちゃう。それで寝るのが遅くなったら、次の日の朝に起きるのが辛くなる。

 

我が家は皆のんびりしているので、時間通りにと急かす自分にも疲れました。

 

そこで、夏休みだけの特別ルールをつくりました。

 

“チャイムが鳴ってもまだ遊んでいいよ”

やっと涼しくなる夕方。17時半にチャイムはなるけれど、私も一緒に外に出ているのでもう少し長く遊んでもいいことにしました。

 

のんびり遊んで、ゆっくりお風呂に入って、楽しく夜ご飯を食べる。

それで寝るのが多少遅くなってしまっても、皆がのびのび過ごせるなら、それもありなのかなって思います。

 

昨日の夕方は外の風が気持ちよくて、私はお花に水やり。娘と息子はふたりでケラケラ笑いながら駆け回ったり、ボールで遊んだり。

チャイムが鳴ると、『夏休みだけは特別だよね^^』と嬉しそうにしていました。

 

それでも生活リズムが乱れすぎてしまうのはよくないので、メリハリをつけたいと思い、一日のタイムスケジュールを考えてみました。

 

【小1・年中】夏休みの生活リズム

7:00 起床

朝ごはん・身支度・のんびり

9:00~9:30 学習タイム[宿題]

好きな遊び

12:00 お昼ごはん

13:00~13:30 学習タイム(小1のみ)[チャレンジ]

好きな遊び

15:00 おやつの時間

好きな遊び

18:30 お風呂

19:00 夜ご飯

20:30 就寝

 

年中の息子は昼寝もしたりしなかったりなので、メインは小1の娘です。

夏休みは、起きる時間と寝る時間を30分遅くしました。私も朝の時間が少し長くとれるのでお互いによしです^^

こんな感じが理想ですが、お出掛けしたりと例外が多いのでなかなか難しいかもしれません。

 

でも目安の生活リズムを決めておいた方が動きやすいのは確かです。子供たちが分かるように紙に書いて部屋に貼り、一緒に確認しながら過ごしてみます。

 

それと大切なのは、見直すこと。

これは私が頭の中で考えた生活リズムなので、実際にやってみて、子供と相談しながら、より良い時間の使い方ができるように見直していきたいと思っています。

 

『のんびり楽しい夏休み』になりますように…^^