のんびり楽しむ シンプルな暮らし

のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

「ゆっくり力」毎日を丁寧に暮らすチカラ。

スポンサーリンク

おはようございます^^

 

 

朝晩が冷え込む季節になりましたね。

 

次の週末は、娘の運動会。

小学校で、初めての運動会。

 

私もちょっと緊張します^^

 

***

 

図書館で借りていた、この本。

 


f:id:sorairohanairo:20170921104017j:image

 

【「ゆっくり力」でいい人生をおくる】

 

わちゃわちゃしやすい私には

ぴったりの本でした。

 

 

「ゆっくり生きる」とは、

自分の人生をていねいに、

大切に生きることに

つながるのだと思う。

-----

ていねいに字を書こうと思えば、

自然に、指の動きはゆっくりになる。

大切な物を持ち運びするときには、

ゆっくり歩くものである。

 

確かにそう。

 

物事を丁寧に行うときは、

自然とゆっくりになる。

 

その反対で

手短にささっと済ませちゃえってときは、

やっぱり雑になる。

 

心がこもってないから。

 

 

 

人生を、ゆっくり丁寧に生きる。

そんな暮らしに憧れます。

 

 

でも、ちょっとくらい

わちゃわちゃしてた方が、

自分らしく暮らせるかな。

なんて思ったり…^^

 

 

「早く、早く」を心がけてやっていたものを

「遅く、遅く」と意識してやってみては

どうだろう。

 

これ、実践しています。

 

子供が小さいうちは、

何をするにも時間がかかる。

 

 

「もー!早くしてー!」って

言いたくなった時に、

 

「遅く、遅く。ゆっくりでいい。」

 

頭の中で唱えると、

気持ちが落ち着いてきます。

 

 

子供を急かして急かして

短縮できる時間って

たぶん5分くらい。

 

頑張っても10分前後。

 

 

飛行機に間に合わないとかなら

話は別だけど、

 

毎日の暮らしで

分刻みで急かす必要は

なかったように思います。

 

 

 

本当は、決めた時間で

ささっと動きたい方ですが、

 

「遅く、遅く」なかなかいいです^^

 

これからも

続けてみようと思います。

 

 

 

「一怒一老」よさようなら、

「一笑一若」こんにちは、だ。

 

ドキッとしますね。

 

ひとつ怒ると、ひとつ老ける。

ひとつ笑うと、ひとつ若返る。

 

 

そうして、少しずつ、少しずつ

その人の表情となっていきます。



f:id:sorairohanairo:20170921101444j:image

 

ゆっくり力は顔に出る

二十歳の顔は、自然の贈り物。

五十歳の顔は、あなたの功績。

 

 

くしゃっと笑った時にできる、

目尻の優しいシワ。

きゅっと上がる口角。

 

 

そんな可愛らしい

おばあちゃんになりたいです。

 

 

「い」で置いてきたものを

「り」で拾う

 

「速い、強い、高い」を目指すのは

たまーにでいい。

 

これからは

「ゆっくり、のんびり、ゆったり」

 

このブログも

たまたまだけど

“のんびり”がついてます^^

 

 

 

ひとつだけ、

本のように出来ないなと思ったのは 

「怒らない。」

 

 

これはいいぞと思って

実践してみたら

平和なことは平和なんだけど

 

それ以外の感情も

「無」に近づいていきました。

 

 

それがなんとなく

ストレスでした。

 

 

 

泣いてもいい。

怒ってもいい。

感情を無理に閉じ込めなくていい。

 

その分、もっと沢山笑えばいい。

 

 

のんびり、ゆっくり。

そして、私らしく。

 

それが一番心地よく

素直に過ごせる気がします^^