のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

いつも仲良しこよしじゃなくて大丈夫。

スポンサーリンク

おはようございます^^

 

 

今日は、久しぶりに晴れそうです。

 


f:id:sorairohanairo:20171018060017j:image

 

 

家族っていろんな形があるけれど

 

いつもいつも

仲良しこよしじゃなくて

いいと思う。

 

 

というのもね、

7才の娘と5才の息子は

毎日喧嘩ばかり。

 

 

それはもう、

聞いているこっちが

うんざりするほど…。

 

 

それで

イライラしてしまうことも

しょっちゅうあります。

 

 

 

でもね、

毎日、毎日、喧嘩ばかりなのに

ここぞって時は団結できることを

知っています^^

 

 

この間、息子が泣いた時

私はお風呂洗い中。

 

 

部屋に戻ると、

娘が優しくなぐさめていて

「抱っことお馬さんどっちがいーい?」

と息子に聞いていました。

 

 

小柄な娘が

ちょっと重そうな息子を

背中に乗せて、お馬さん。

 

 

息子のちょっと照れた顔。

嬉しそうだったな。

 

 

私も嬉しかったな^^

 

 

 

「優しくしてあげるとね、

優しさは戻ってくるんだよ。」

 

 

子供の優しさを感じた時は

そう伝えるようにしています。

 

 

優しい気持ちを

大切に育んでほしいから。

 

 

 

 

私に怒られて

息子が半泣きの時も、

 

娘が、息子にそーっと近づいて

「ママってやだよねー、

 怒らなくてもいいのにねー。」

 

 

なんて、

私の悪口をこしょこしょ話で

話しています^^

 

 

そんな時は

私は悪者のままでいます。

 

 

子供のどちらかをかばうより

悪者の方がいいことを学びました^^

 

 

 

 

私と娘もよく喧嘩します。

主人と息子もよく揉めています。

 

 

でもね、それでもいいんです。

 

 

誰かに何かあったとき、

すぐに寄り添うことができる。

味方になれる。

 

 

家族みんなで団結できる。

 

 

 

そんな優しい気持ちが

心の中にちゃんとあるなら、

普段は喧嘩ばかりでもいいんです。

 

 

 

お互いに、

言いたいことを言って

ぶつかりあって

悩んで考えて

そんな風に成長しあえたらいいなって。

 

 

 

「喧嘩するほど仲がいい。」

 

 

まさにそうですね^^

 

 

たまに仲良しこよしくらいが

きっと、ちょうどいい^^