のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

個人面談後のモヤモヤ。

昨日は、小学校の個人面談がありました。


娘は二年生。
幼稚園の頃も含めると、5回目の個人面談です。


きっと今回も当たり障りのない話をして
終わるのかなぁと思っていました。


でも、違ってた。
色々と欠点を指摘されてしまいました。


娘のマイペースで時間を気にしないところ、

やるべきことより、やりたいことが
優先してしまうところ、

考え方が少し幼いところ、などなど。


正直なところ、
学校ではもう少し頑張っているのかと思っていたので、少しショックでした。


でも、私が悩んでいたことを
ズバリと言い当てる先生はさすが。
一人一人をよく見てくれています。


子どもにも優しいだけじゃなく、
ちゃんと叱ってくれるベテランの女性の先生。
私と考え方が似ていて、娘とは対称的^^;


昨年の先生はその反対で、娘と似ていました。
個人面談で、「娘は整理整頓が苦手で…」と話すと、
「私も昔からそうなので耳が痛いです^^男の子たちはもっとぐちゃぐちゃですよ~」と笑っていました。


書いているうちに、自分でも何を伝えたいのか分からなくなってきました。すみません > <


子どものありのままを受け入れること
周りから飛び出たところを直すこと
みんなと同じにすること


正解なんてないから、
これからどうしたらいいのか
分からなくなってきました。


娘にとって何が一番いいのか。


素敵な個性だって沢山あるのに、
みんなと同じように動くことだけを目指したら
その芽を摘み取ってしまいそう。


先生にも生徒にも個性があるし、相性もある。
なんだか色々難しい…。


昨日、こんな言葉を見かけました。
「超のんびり屋の人は、学者に多い」
「超せっかちな人は、起業家に多い」


確かに確かにと妙に納得^^


娘は好きなことには時間を忘れて
没頭してしまうタイプです。


自分に向いている!これだ!!って
思えることがこれから見つかるといいなぁ。


それと“思いやりの気持ち”だけは
ずっと大切に持ち続けてほしい。


母からの願いはそんなところです。


f:id:sorairohanairo:20181030115818j:plain

娘の描いた絵が賞をいただきました。
親バカですが嬉しいですね^^


まとまりのない文章に、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。