のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

【家計管理】現金払いで一ヶ月過ごした結果と改善点。

今までの買い物はカード払いが中心でしたが、先月から現金払いに変えました。

 

光熱費や通信費など、月に一度引かれる固定費は、今まで通りカード払い。

現金払いに変えたのは、食費・日用品費・娯楽費の3つです。

 

一ヶ月の予算は、

・食費 40,000円

・日用品 5,000円

・娯楽費 20,000円(レジャー・外食・洋服など)

 

これで一ヶ月過ごしてみて、

さて、どうなったでしょうか^^


f:id:sorairohanairo:20181204092504j:image

小さくて見えませんね…。

家計簿はエクセルで作ったシンプルなものを使っています。

 

【11月の生活変動費】

・食費 38,866

・日用品 2,838

・娯楽費 7,935

その他

・教育費 4,464

・雑費 600

・特別費 17,012

合計: 71,715円

 

食費は前半に使いすぎてしまい、後半のオイシックス(宅配食材)を一回減らしました。

スーパーの買い物も、残りのお金とにらめっこ。

ラスト数日は最低限のものだけに絞りました。

もし、今まで通りカード払いにしていたら、3千円以上は軽くオーバーしていたと思います。

 

日用品は、先月買ったものが多かったので、余裕をもって予算内で収まりました。

娯楽費は、外食が少なく、レジャー費もかからなかったので、予算の半分以下となりました。

 

一見成功のように思える現金払いですが、改善点もいくつか出てきました。

・学校の集金や写真代

・雑費

・私のお小遣い

 

子供の幼稚園や学校関係のお金は、教育費の項目に入れています。

ただ、現金で用意をしていなかったので、ゆとり費から出しました。

今月からは教育費の封筒も用意することにしました。

 

雑費項目は内容がアバウトなので、娯楽費に加えることにしました。

家計簿の項目はなるべく少なく簡単に^^

 

そしてもう一つ、私のお小遣いについて。

今までは、主人のお小遣いだけで、私は特になし。

 

専業主婦だったので、お小遣いを頂くのは後ろめたいという気持ち。

それと、制限がない方が買いたい時に買えるという曖昧な気持ち。

 

でも、生活費を現金払いに変えたことで、お金に対する気持ちも変化してきました。

 

手元にあるお金を、必要なものや欲しいものに使う。

お金は使えば減るけれど、その分大切なものが残る。

 

今までは節約だけを意識していましたが、最近は目に見えるお金の流れが、心地よく感じるようになってきました。

 

お金は溜め込むばかりでは入ってこない。

空気のように循環させるといい。

そんなことを以前何かの本で読みました。

 

私もお小遣い制にして、

その範囲内で上手にやりくり出来るよう試みます^^