のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

子供服の断捨離とお下がり服の保管方法

子供の服って気を抜いていると、どんどん溜まっていきますよね^^;

来年着ようと思って保管しておいても、いざ着てみたらサイズアウトしていたり。

昨年お気に入りで毎日着たがっていたのに、今年はぜーんぜん着なかったり。

色々なサイズの服がごちゃごちゃ混ざり合うと、自分でも管理しきれなくなるので、我が家では定期的に見直すことにしています。

子供服を断捨離するベストタイミング

それは、『衣替えの時!』

このタイミングは、保管もしくは処分の判断がつきやすいのでオススメです^^

  • 今ピッタリで来年はピチピチになりそうな服→手放す
  • 着古してヨレヨレまたは汚れが落ちない服→手放す
  • 今シーズン着ていなくて、来年もたぶん着ない服→手放す
  • 来年も着られる服→保管

(手放す服は状態が良ければ、お下がりとして譲ります)

こんな感じで仕分けすると、保管する量がぐっと減ります。

そうすると次の衣替えも楽になるので、いい循環に変わっていきます。

お下がりの服

我が家には、二人の甥っ子のお下がり服が、次々と回ってきます。

もらったままの状態で保管しておくと、もう何が何だか分からなくなります^^;

そして、いざ着ようと思った時、探すのに一苦労。一枚一枚サイズを確認したりと手間がと~ってもかかります。

着る時期を逃してしまって、気が付いた時にはピチピチサイズになっていたり、お下がりにあったのに似たような服を買ってしまったこともあります。

そんな失敗を繰り返さないように、お下がりで服をもらったら、サイズ別に分けて収納することにしました。

《子供服》整理整頓の手順!

1、家中の子供服を一箇所に集める

現在着ている洋服ダンスの中の服も含めて、全ての服を出します。

2、子供別に分ける

我が家の場合は娘と息子で分けます。

2歳差なので娘から息子にまわせる服はこのタイミングで息子の方に分けます。

同姓の兄弟や姉妹の場合は最後に分けた方がいいかもしれません。

3、サイズごとに分ける

お下がりで貰った服は、1サイズ1ケースで収納します。

1ケース以上になる時は厳選します。

厚みのある冬服は沢山洗濯するとゴワゴワしてくるので、「もしかしたら着ないかも…」と思ったら、保管せずにこのタイミングで処分。古布回収で出します。

f:id:sorairohanairo:20170422055311j:plain

あとで探しやすいように、サイズを書いておきます。(メンズの“M”)

セリアの衣類収納ケースを使っています。中身が見えるので便利です。

使わない時はペタンコにたためるのでかさ張りません。

 

収納する時は、

  • シワにならないように大きめに畳む
  • 重さのある冬服が下、夏服が上

いつもざっくりなんですが、こんなことに気をつけています^^

4、着る服だけを引き出しに戻す

子供たちが自分でも出来るように、大きめに畳んでいます。

肌着や半袖シャツは半分に畳むだけ^^

見栄えよりも簡単さ重視です!

それでもあっという間にグチャグチャになりますが、気が向いた時だけ直す程度です^^

着ない服がこんなにありました!

f:id:sorairohanairo:20170422055318j:plain

45ℓのゴミ袋が2つ!!

娘が1才頃に着ていた服を思い出に保管していましたが、どうしても!という服以外は処分することにしました。

[blogcard url="https://nonbiri-kurashi.com/entry/2017/04/23/070153"]

 

お家の中がスッキリすると気持ちがいいです!

整理整頓手順の1~3は最初に1回やってしまえば大丈夫。次回からは、既にサイズごとに分かれているので、一からやる必要はありません^^

衣替えの時に、処分と保管を分けるだけ。

お下がりの服をもらったら、同じサイズの収納ケースに加えるだけ。

収納ケースは循環して使えるので、小さいサイズが空いたら、次に貰えるお下がり服用に保管しておきます。

洋服の量が増えてきたら、収納ケースは買い足さずに、服の方を減らす。

衣替えの度に見直して、簡単スッキリを続けていきたと思います^^

にほんブログ村テーマ 断捨離&片づけの工夫へ断捨離&片づけの工夫

にほんブログ村テーマ スッキリさせた場所・ものへスッキリさせた場所・もの

▼引き出しの中はこんな感じです^^

[blogcard url="https://nonbiri-kurashi.com/entry/2017/07/26/061811"]
 

▼初めてスカートを作りました^^

[blogcard url="https://nonbiri-kurashi.com/entry/2017/09/20/095606"]