のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

母に買ってもらったコットンシルクスカート。

先週の金曜日、母に会いに行きました。

春休みが終わり、幼稚園の一日保育がようやく始まり、久々にまとまった時間がとれるようになりました。

 

両親の住む場所は、電車で3駅しか変わらないのに、ここと比べると都会と田舎くらいの差があります。

百貨店やマンションなど、この辺にはないものが沢山。私自身もそのマンションに住んでいた訳ですが、今となっては少し不思議な感じがします。

そして先月、駅前に新しいショッピングモールが出来て、さらに賑わいを増しました。

 

今回はそこが目当てで、母と一緒に行ってみました^^ 

 

子供たちがいる時は、私が母で、母はおばあちゃん。

でも、私と母のふたりだけだと、私は子で、母は母。しっかりしなきゃという気持ちが必要ないからか、とても気楽です。

 

「お父さんがね、服でも買ってやれって」

母から聞いて、なんだか懐かしいような嬉しい気持ちになりました。

 

春休みと、主人の職場移動、そして激務。

色々なことが重なり、私が疲れていることを知っている両親。

子供が何歳になっても、親はずっとずーっと親なのですね。

普段はじいじ・ばあばと化していますが、たまに感じる、お父さん、お母さん。

心配してくれる気持ちに、今でも支えられています。

 

頑張っているご褒美、そしてこれからも頑張れるようにと、スカートを買ってもらいました。ご褒美なんて子供みたいですね^^

一目見て気に入った、綺麗な濃紺のマキシスカート。

コットンシルクスカート

 

シルクが混ざっていて、肌触りは柔らかく、ほのかに艶感があります。

私には少し背伸びの素敵なスカート。

 

母が、「こういう時はね、自分では買えないモノを買った方がいいのよ」って。

色々な想いが込められたプレゼント。

ありがとう。大切にするね。

 

そして、帰り際はいつものように、子供たちのおやつと、晩御飯のおかずを買ってくれました。

甘え過ぎと分かっていても、甘えられるうちに甘えたい気持ちもあるのです。

 

 

帰ってから、娘とおやつの時間。

娘がどっちのドーナツにしようか悩んでいたので半分ずつ^^

それが嬉しかったのか、娘のお煎餅をトッピングしてくれました^^

 

温もりをチャージすると、優しさが伝染していくのですね。

いつもそんな循環になったらいいのにな。

 

ランチの時に、内緒のビールで乾杯^^

聞いてくれてありがとう。

いつもありがとう。