のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

【入学準備】ランドセルを選ぶ時に大切にしたいこと。

この夏休みに、息子のランドセルを購入します。

年々、ランドセルの購入時期が早まっていて、最近では5月の連休頃に購入する方も増えてきました。

我が家は、娘の時と同じく夏休みで十分。

今日は、“ランドセルを選ぶ時に大切にしたいこと”のお話です。

ランドセルを6年間使うのは、“子供”だということ。

ランドセル選びで大切なこと

これって、当たり前のことなんですけどね。

ただ、ランドセルはとても高価なお買い物。

使用頻度は平日毎日!期間は6年間!となれば、親も気合が入ります。

そして、その導かれるようにして決まったランドセルを使うのは、あなたではなく子供です。

もしこれが、安価な“ふで箱”とかだったら、「好きなモノ選んでいいよ~」となるかもしれません。

その背景にある、“だって、子供が自分で使うモノだから”という気持ちは、ランドセルも一緒。

最初から最後まで、使うのは子供だけです。

ランドセル選びは、子供が主役!親はサポート役。

我が家には、小学2年生になる娘がいます。

その時も、ランドセルの下調べは特にしませんでした。

資料請求もしていません。

展示会等も行っていません。

行ったのは、ショッピングモールのランドセル売り場だけ。

その中から、子供が気に入ったランドセルを選びました。

だからと言って、「これがいい!」「はい、じゃあ決定ね!」と安易に決めた訳ではありません。

親はサポート役に徹して、子供が分からないことや、想像できないことは、もしかしたらという形でしっかり伝えます。

例えば、

  • キャラクターなどが描かれいた時:
     
    「今は大好きかもしれないけれど、○○ちゃん(近所の高学年のお姉ちゃん)くらい大きくなった時も好きかな?年少さんの頃と今好きなモノも変わってるように、また変わるかもしれないね?」
     
  • 奇抜な色を選んだ時:
     
    「今日のお洋服には似合うけれど、赤色の服や黒色の服を着た時はどうかな?ランドセルは毎日使うよ!」
     
  • 薄い色を選んだ時:
     
    「今は誰も使っていないからキレイだけど、白いお洋服が汚れやすいように、濃い色より少し汚れやすいかもしれないね?でも、透明のカバーを付ける事もできるよ!」

 

そんなやりとりをしていると、子供の本心が少しずつ見えてきます。

このランドセルがいいけれど、でも、ここがちょっと気になるなぁとか、

反対に、ここは気になるけれど、それでも、このランドセルがいい!とか、

その引っ掛かりを、一緒に取り除きながら、子供自身が納得のいくモノを選びます。

知り合いに高学年のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、その子の名前を例に出すと、想像しやすくなります。

わずかな違いは、あまり気にしませんでした。

例えば、こっちの方が少し軽いとか、こっちの方が少し多く入るとか。

実際に使う時は、教科書をたっぷり詰め込みますし、荷物が多い時は手提げを使います。

現在2年生の娘が、お友達のランドセルのことを話す時は、色もしくはハートやリボンなど、デザインのこと。

私が子供の立場でも、こっちの方が素材がいいよと言われても、やっぱり見た目で選びたい^^

まとめ

6年間使うモノなので、安価過ぎるモノは論外ですが、

長く使うからこそ、本人が気に入ったランドセルを選び抜いて欲しい。

もちろん、一緒に迷いながら、話し合いながら、でも最後は自分で決める。

自分のモノは自分で選ぶ。自分のことは自分でする。

そんな経験を少しずつ積み重ねてあげたいと思っています。

 

最後に読んでくださった方へ。

お子様のお気に入りのランドセルが見つかりますよう、心から願っています!