のんびり楽しむ シンプルな暮らし

*「衣食住」をミニマム&ナチュラルに*

スポンサーリンク

小学校低学年の夏休み!毎日の宿題対策に“勉強カレンダー”を作りました。

長い長い夏休みが幕を開けました。

同士の皆さま、今年も頑張って乗り越えましょう!

 

我が家の娘は小学2年生。

さっそく宿題で引っ掛かり始めたので、対策をとりました!

その日の宿題が決まっていないと、何をどの位したらいいのか分からない。

普段の宿題と言えば、毎日の連絡帳に、「かんじドリル① けいさんドリル②」などと書いてきて、その日の分だけをやる。

そんな流れでした。

しかし、夏休みは勝手が違います。

宿題の量も多いし、期間も長い。

先週末、娘から「今日はなにやればいいの~?」「どこまでやればいいの~?」という問いかけが続きました。

これが毎日続くかと思うとゾッとしました…!

私自身も、宿題のペース配分が苦手な方だったので、娘と一緒に『夏休みの勉強カレンダー』を作ることにしました。

子供の宿題対策!『夏休みの勉強カレンダー』

子供の夏休みの宿題対策!『勉強カレンダー』

(お絵かき帳を一枚頂きました^^)

少しでも愛着が湧くように(笑)、「何色にする~?」というところから一緒に決めて、娘の好きな青色と紫色に決定!

手書きにしましたが、無料テンプレートのカレンダーを使ってもいいですね!(来年は二人分なのでそうしようかな^^)

週の始まり(日曜もしくは月曜)は、普段見ているカレンダーに合わせると分かりやすいです。

夏休みの日付を全て書いたら、そこに、予定を書きこんでいきます!

  • 旅行の日
  • 帰省する日
  • 友達と遊ぶ日
  • 学校のプールの日

子供が読めるよう、ひらがなを交えて、出掛ける予定を全て書きます。

その予定を元に、学校の宿題を割り振っていきます。(我が家は進研ゼミも加えています!)

ポイントは、最初から最後までバランスよくではなく、余裕をもって数日前には終わるように設定すること。

他にも意識したことは、

  • 子供と一緒に決める。(娘は、計算ドリルを全部終わらせてから、漢字ドリルをやりたいとのこと。)
  • 旅行の翌日は『絵日記』にする。(忘れないうちに!)
  • 出掛ける日は、量を少なくする。朝から出掛ける日は“なし”にする。
  • 無理して詰め込まない

低学年の子供が、先のことを考えながら行動することは、まだ難しいです。

でも、こうして、話し合いながら紙に書き出していくことで、子ども自身もこのくらいのペースでやっていけば大丈夫なんだ!ちゃんと終わるんだ!ってことが少しずつ分かってくると思います。

カレンダーは予算表のようなもの。キッチリカッチリでなくて大丈夫!

これはお子さんの性格にもよりますが、書いたことを絶対その日に何が何でもやらなきゃという訳ではありません。

ちょっと疲れている日は、翌日に持ち越したり、元気な時にまかなえばOK!

終わった箇所に打ち消し線を引いておくと、どこが終わっていないかも一目瞭然です。

家計簿の予算設定と同じでおおまかな流れを知っておくと、多少前後しても先が見えているので安心できます。

 

せっかくの夏休み!宿題にブンブン振り回されず、楽しい思い出を沢山つくりたいですね^^